初心者にも分かるVAPEの基本

VAPE

こちらはBeginner Vapers Schoolにて、VAPEの基礎の基礎を記しております。

迷い込まれた方はBeginner Vapers Schoolよりどうぞお入りください。


VAPEの定義

wikiにはこうあります。

電子たばことは、通常はリチウム電池が用いられたバッテリーを備え、アトマイザー(噴霧器)に補充されている液体を電熱線の発熱により霧状化して、利用者に吸引させる喫煙具。

英語圏では、装置はヴェポライザー(英語版)とも呼ばれ、電子たばこによる吸入を俗にVape(発音:veip:ヴェイプ)と呼ぶ。

VAPEの構成と使い方

まずこちらが組んだ状態です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は all-311x500.jpg です
VAPEを組んだ状態

左手前のボタンをパフボタンと呼びます。このボタンを押している間はバッテリーから電気が流れ、蒸気が出てきます。

バラしてみると、次のようになります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は bunkai.jpg です

さらにアトマイザーの部分をバラしてみましょう上の写真はRDAのYURIなのですが、部品が少なくて参考になりにくかったので、Merlinをバラしました。

MTL Merlinの分解図

このようなパーツで作られます。

コイルユニットは次のように使います。アトマイザーによって若干変わりますが、やっていることは一緒です。

コイルユニットの使い方

ビルドの基本は追って講義でお知らせします。

VAPEの吸い方

パフボタンを押すと通電し、コイルが熱され、蒸気がでます。この蒸気の吸い方で2つに分かれます。

MTL

MouthToLung(マウス・トゥー・ラング )の頭文字をとってMTLといいます。たばこと同じ吸い方で、蒸気を一度口の中にためてから肺に入れます。

構成としてはエアフローは少なめ、ドリップチップに細いものを選ぶことが多いかと思います。リキッドの消費量は抑えられますが、若干味を感じにくいです。

DL

DirectLung(ダイレクト・ラング )の頭文字をとってDLといいます。深呼吸をするように、口にためずにそのまま肺まで送ります。

構成としてはエアフローはMTLに比べ多め、YURIのワイドボア等はこちらによるかと思います。DLの方が味を感じやすいと言われています。

爆煙と味重視

爆煙

クラウドチェイサーとも呼ばれます。コイルを低抵抗高出力にし、リキッドはVG多め。ひたすら煙の量を多くし、トリックしたりできます。すごくかっこいいのですけれど、まずはたばこをVAPEに置き換えるところを終わらせましょう。おいおいやってみると楽しそうです。

Best Vape Tricks Skills |Cloud Chasers| Vaustinl

味重視

フレーバーチェイサー。まずこちらに行くのがよいかと思います。コイルは比較的高抵抗低出力が多いと言われますが、「満足するため」にはある程度煙の量が必要ですので、私は0.5Ω15W程度を薦めています。


お疲れ様でした。Beginner Vapers Schoolへ戻りましょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました