英語学習とビジネスや雑談のネタ入手を両立し、プレゼンも学べる最もコスパの良い方法

学ぶ

Mです。こんばんは。

ビジネスマンに必要なものってたくさんあると思います。
特に営業の方に向けている部分があります。

日々お仕事にいそしんでおられる中で、
・英語を話せるようになりたい
・営業先で雑談が苦手だ
・朝礼で何を話そう
・新しい企画ってどこから考えればいいの
・プレゼンや伝え方を上達したい
と思われたことはありませんか?

そんな方へ、最もコスパのいい方法を1つ、お伝えします。

最もコスパの良い方法

再生画面

ダウンロード先 google play

こちらのアプリを入れて、TEDの動画を見る
ただこれだけ。それだけ?と思われても仕方ありませんが、これは本当にオススメです。

各国語を学ぶことができる

プレゼンテイターの多くは英語でスピーチします。
こちらに英語と日本語の二重字幕をつけることができます。
WEBでは二重字幕ができなさそうですから、アプリの方が良いでしょう。
二重字幕は「英語と選択した言語」の2つです。

右上赤丸部分を押すと設定等のメニューが出ます。
字幕言語をタップします。
二重字幕にチェックを入れ、字幕言語を日本語にしましょう。

再生速度も調整できます。
アプリでは0.75倍から2倍、WEBでは0.5倍から2倍までです。

最高峰の知識やアイデアを得る

聞ける内容は、世界最高峰です。
TEDは、講演会に参加しようとすれば一定の審査をクリアした上で年間85万円の会費を支払う必要があります。プレゼンターについてはWikiには次のようにあります。

ジェームズ・ワトソン(DNAの二重螺旋構造の共同発見者、ノーベル生理学・医学賞受賞者)、ビル・クリントン(元アメリカ合衆国大統領、政治家)、ジミー・ウェールズ(オンライン百科事典ウィキペディアの共同創設者)といった人物がプレゼンテーションを行なっているが、最重要事項はアイディアであり、一般的には無名な人物も数多く選ばれ、プレゼンテーションしている。

ウィキペディア:TED(カンファレンス)

要は、「おもしろい話が聞ける!」ことは間違いありません。
IT先進国アメリカでのAI関連のプレゼンとか興味ありませんか?
日常の会話や朝礼ネタはもちろん、普段の生活に取り入れられること、ビジネス上の気付き等、多くのものを手に入れられます。

知識は力です。
ジャンルも多数ありますので、きっと興味のある分野が見つかるでしょう。
WEBでは「読書リスト」の付いている動画もあり、さらに深く学ぶこともできます。

多数のプレゼンを見ることができる

プレゼンテーションの方法自体からも多くの学びがあります。
「どのような資料を作るか」「どのように話すのか」「緩急の付け方」「ウィットな会話」「会話構成」などなど。

相手を飽きさせずに話をする達人の技を盗んでみてはいかがでしょうか。

費用や準備しておくこと

費用はかからず、無料です。
1アプリをダウンロード、インストールしましょう
2見る動画を選びましょう。Wi-Fi環境でダウンロードすることもオススメです。
あとは動画を見るだけです。
見るだけであれば、特に登録も不要です。

総評 ★★★★★★★★★★

何を見ようか、と思った際にはジャンルで見ていくも、人気順に見るもよし、何であれば「TED おすすめ」等でGoogle先生に聞いてみてください。たくさん出てきます。
無料で、知識を蓄えて、プレゼンのやり方を学び、英語の勉強までできる。とてもありがたい仕組みです。何かに気付き、人生が変わる可能性もあります。
やらない手はありません。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました